銅雨樋 角竪樋のタコ足金具 石光

Quick Edit Pencil




雨樋受け金 竪樋のタコ足金具
空柱(うつろ・うつぼばしら)と呼び、木製の箱型であったものが金属となったもので、社寺で使われるものは空柱と呼び、住宅で使われるものは角竪(かくだて)と呼び区別している。

向拝の「たてとい」の漢字は、竪樋とするのが正しい。

三軸(x,y,z)でとらえると理解しやすい。

横軸x
縦軸y
竪軸z

縦と書いて通じるが、縦は平面前後(二次元)の解釈も含まれるが、竪は常に鉛直方向(三次元)を示す使われ方である。

一般的な雨仕舞については縦樋を使う場合が多く、軒樋(横樋)の左右配置の雨樋に対して、前後上下の配置になる雨樋は縦樋として示す。縦樋は用配(ようばい・アンコー)、呼樋(よびとい)、這樋(はいどい)、立筒(たてづつ)、沓(くつ)など軒樋以外の雨樋を指しすべて縦樋として扱う。