銅の薬缶の修理 姫路 潤平

銅の薬缶を修理するブリキ職人 修理箇所を見極める

銅の薬缶を修理するブリキ職人 修理箇所を特定し鋲を取る

銅の薬缶を修理するブリキ職人 修理箇所を鋲打ちする

銅の薬缶を修理するブリキ職人 鋲打ち修理が終わった薬缶

銅の薬缶を修理するブリキ職人 鋲打ち修理が終わった薬缶


手入れされ使い込まれた銅の薬缶の修理
いたんだ箇所を見極めながら手際よく修理を行う
古い時代の銅の薬缶は材料の厚さが均一でない
使い込まれて摩耗し薄くなる部分もある
古い修理跡が邪魔をする
必要以上に手を加えないのが鋳掛け屋の慣らい
現状の水漏れを止めるのが第一義